読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

ロチュー可

先日、路チューのカップルを目撃した(事故でも犯罪でもないので目撃ってほどじゃないけど)。まだそんなに遅くない時間、午後9時くらいか、それなりに人通りのある小径だ。

しげしげと見るわけにもいかずチラッと横目でみて、かたわらを通りぬけた。

その二人はあまり若くなかった・・

 

が、そこがいいな、と思った。

 

若い二人ならめずらしいことではない。電車の中なんかでたまに目にするが、若いときは「二人の世界」に容易に浸ることができる、とゆうか自分のことしか考えられない時期だ。

そうゆうときを経て、少しずつ世間が見えてくる、世間が広がる。

でも世間は広がってるのに、なんだか息苦しさを感じてくる・・

恥をかかないように、失敗しないようにのつもりが、いつのまにか退屈な日々を迎えてしまう・・多少なりともみんなそうじゃないかな、ぼくもそうだ。

 

そこでミドルエイジの路チュー。良いではないか、世間はだいぶ知ってる、傍目も十分気にしてきた年代だ。

当たり前だがキスしてるときは周囲なんか気にできない、ぼくなら後ろから刺されてもしばらく気がつかないかもしれない。

ながくても1分くらい(人によって違うだろうが)なら、しばし世間も我も忘れるのもいいだろう。

f:id:takegami1717:20141129104501j:plain

 路駐は不可でも路チューは可 にしてほしい。