読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

クラシックコンサートで眠くなった時の対策を考えてみた

クラシックコンサートで眠くなった経験のある人は多いだろう。

 アンコールを含めおよそ2時間前後、どうしても2回くらいは眠くなる。

こうゆう時に体を伸ばしたりねじったりしてるのよく見るが・・これはあまり効果がないよね。

目をつぶって曲に集中・・これは寝落ち確実!

自分の太ももをつねるのもよくやるが、初回以降は効果が薄く、やりすぎると終演の頃にはミミズばれになってるかもしれない。

 

 それで対策を考えてみました。

 たとえば、隣のひとの太ももをつねる(遠慮して軽めに)のはどうだろう?

隣の反応が気になってきっと目も覚めるだろう!

ただ隣が彼女でも後で平手打ちされるかもしれないし、他人なら痴漢扱いされる可能性が大きい・・残念ながらこれはバツ。

じゃあ洗濯バサミを耳に下げるってのはどうだろう? そこまで痛くないだろうし、周りの反応が気になって目も覚めるだろう、 ただ少し、いやかなり恥ずかしそうなので僕にはできそうにない。(実は一度見たことがあるがあれはギャグだったんだろう)

う〜ん、では眠くなったら演者にウィンクを送るとゆうのはどうだろう?これなら周りの人にも気付かれないし、美人の演奏者とあとでお話しできる可能性もゼロじゃないだろう。

でも、演奏者が男の場合、勘違いされるかもしれない、違う意味のゲイ術家だとまずい・・

なかなかよい案が浮かばない。

 

いまのところコンサートに関するプログネタを考えるくらいが妥当か?さほど効果的じゃない気がするけど。