読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

トンネルを抜けるとそこは新宿だった

昨日1月25日(日)に開催された第13回新宿シティハーフマラソンに参加した。

新宿区等が主催するこの大会は東京の都心を走ることができる人気のマラソン大会だ。

国立競技場が建て替えのため今年から大会会場が神宮球場になった。国立競技場のトラックでのスタート&ゴールもアスリート気分が味わえてよかったが、野球場もスポーツ気分いっぱいで楽しい雰囲気だ。

スタート場所に整列すると、少し前の方にゲストランナーの谷川真里さんがいた。相変わらずおきれいで、まわりのランナーときさくに声を交わしていた。(もっと前に並べばよかった!)

 

コースは神宮外苑からスタートし四谷方面へ向かい新宿を経て外苑にもどるコースを2周(+外苑1周)する設定。

僕が好きなのは2周目の「御苑トンネル」。新宿御苑の地下を通るこのトンネルは普段は自動車専用だが、この日は約1キロの長さのトンネルを多くのランナーが駆け抜ける。オレンジ色の街灯の薄暗い明かりの中、ヒタヒタと走るランナーの無数の足音がトンネルのなかに雨音のように響きちょっと不思議な感覚がする。

四谷方面から地下入り4分あまりでトンネルを抜けると、明るい青空の新宿の街(明治通り)に出た。

ゴールまではあと5キロだ。いつもは自動車で通る明治通りを走り千駄ヶ谷から外苑へとラストスパート。解体のためフェンスに囲まれてちょっと寂しげにみえる国立競技場を脇に見て、神宮球場内の人工芝グランドのゴールにとびこんだ。

 

5年後には新国立競技場でこの大会を開催する予定だそうだ。そりゃあいいなあ、ぼくも是非それに参加したい。

 今年で2回目の参加だったが、それまで毎年走れるといいと思う。