読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

家にこもりアウトドアを想う

登山で痛めた膝の回復が意外とながびき、昨日今日と自宅待機中(蟄居じゃないよ)。

仕方ないかと読み残した本を読んで過ごす、午後には飲み残しているお酒も片ずけよう。(胃の中に)

窓の外はスカッと晴れている。今日はスキーやランニングの大会にはもってこいだろうなあ・・

昨日久しぶりに田淵義雄さんの本を再読した。

2001年初版の「アウトドアライフは終わらない」、タブチくん(氏は自分のことをそう呼ぶ)の本格的登山から始まったアウトドア人生の変遷と氏のフィロソフィーを語った本で、洒脱にしてはっきりした主張のある文章に懐かしい思いがした。

タブチくんは1980年代にスノッブフライフィッシャーとして名をはせ、アウトドア雑誌にエッセイなどを書いていた人だ。現在は長野県の山荘に住み、木工作家となっている。ソローに憧れ「森の生活」を実践し理想を追求する 自称持続的快楽主義者だ。

ただ実際の標高1400メートルの高原での自足的生活はかなりストイックな毎日のようで、生半可に田舎暮らしに憧れてはいけない、とタブチくんは諭している。

その一方、日本列島の山岳は世界でも指折りの美しく豊かな自然で、これを楽しまない手はなく、この自然を守りつづけることが日本人のなすべき大事なしごとだと説く。

6月、南アルプス北岳の山頂近くのロックガーデンにいっせいに咲く高山植物帯を「山上の秘密の花園」と絶賛するくだりを読み、数年前に北岳に登ったことを思い、あぁ、あの辺のことだな あの日も可憐な花が吹き上げる風に揺れてたなあ・・と遠いまなざしになった。

 

来週は東京の美しい自然 奥多摩の山沿いを走る青梅マラソン、走るのを楽しみにしていた大会だ。

今日は出歩くのはもう少し我慢して晴天読書の日にしよう。

f:id:takegami1717:20150207092426j:plain