読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

花見渋滞の季節

中野駅北口から中野通りを北方向に約2キロの桜並木がつづき、例年桜の開花時期には桜祭りと称され通りに提灯が並ぶ。

 昭和30年代に植えられたという桜が道の両側からせりだし、見事な桜のトンネルとなる。

 

この桜が開花してからの数日間は、花を車中から眺める車がノロノロ運転をするので「花見渋滞」となる。ぼくは自宅から中野駅まで中野通りを抜けるバスを利用することが多いので、この時期は渋滞に巻き込まれる。

 

が、この渋滞は許せる。花見渋滞の朝は歩いて駅まで行く、桜の下を朝歩くのはすがすがしく、少しウキウキした気持ちになる。

帰りは渋滞バスに乗るのも悪くない。とくにハラハラと舞い落ちる夜桜を眺めながらバスに乗るのはなかなか風流だ。

f:id:takegami1717:20150403053645j:plain