読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

雨があがれば

春の雨があがり絶好のランニング日和になったので、いそいそとランニングに出かけた。

目的地の公園までの道中、桜の花びらが春風に流されホタルのようだった。コブシの花もグーからチョキの形にかわりだいぶ散っていた。

江古田の森公園は江戸時代は将軍のお狩場だったそうで、さまざまな木々も多くここの中の周回コースを走るのは気分爽快だ。

とくに今日は新芽の緑がきれいだった。

草地にはムクドリが大挙してさかんに草をついばんでいた、春はお腹もすくのか。

公園の一角に福祉施設があり、車椅子で散歩中のおばあさんの頬もゆるんでいるように見えた。

ハナミズキが咲き始めの可愛らしいほんのちいさな花(ベービーハナミズキと勝手に命名)をつけていた。

季節はこれから百花繚乱の春へ。

さあぼくもギアをあげていこう。 (なんてね)