読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

GWにはRCを聴いて

ゴールデンウィークがくると忌野清志郎のことを思い出す。

6年前の5月2日に亡くなったんだけど、その翌日ぼくは奥多摩に登山にいく途中の電車の中で、ひとが読んでいたスポーツ新聞で訃報を目にし「おいおい、うそだろ・・」とびっくりした。

 

初めてRCサクセションを聴いたのは、中学時代に行ったフォークコンサートだった。

その頃フォークコンサートでは演奏者が5、6組いて、それぞれ2〜4曲演奏するスタイルだった。その日のメインは井上陽水でRCはその他大勢の一組として出ていた。

それまでRCのことは知らなかった。3人組のアコースティックトリオで、リズムに乗って楽器を弾きまくる異色なグループで印象深かった。が、その後のフォークブームのさなかでもRCは泣かず飛ばずで、ぼくもそんなグループのことはすっかり忘れていた。

 

ところが数年後、ロックグループとして燦然と復活したのだ。

素敵なラブソングが多かった、オーソドックスなロックンロールにのせた詩にも共感した。

清志郎がソロになってもよく聴いていた。エッセイなどの文章もトンチが効いてて上手だった。

 

6年前、青山葬儀所でのお葬式に参列した。大勢のファンの長い長い行列ができていた、お焼香するまでに3時間以上は並んだかな。

会場にいくと賑やかにロックンロールショウが続いていた。

 

こんなうららかな季節に天に登ったのか・・

GWにはRCを聴こう。