読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

お久しぶりの筋肉痛

2月に更新時期が来た30年近く通ったスポーツジムをやめた。

入っていたジムはバブルの頃にできたいわゆる高級スポーツクラブで年会費などは割高だけどいつもすいてて、ゆっくり使うには良かった。

永く通っているといろんな人とも出会ったし、記憶に残る出来事もあった。最近ではラグビーの前日本代表監督のエディー・ジョーンズさんとカタコトの日本語とカタコトの英語でラグビーの話をしたのがいい思い出だ。

だいたい毎年100回以上行くことを目安にしていた。

入会したのが20代後半の太り始めた時期で、ここに通うことによってセーブできたし、その後も体重と体型はおおむね維持できた。

ただ最近はメンバーも高齢化して、ワークアウトしてる人よりマッサージを受けてる人の方が多かったりして??な気がしていた。ジム側もそういったサービスは儲かるのでトレーニング機器を新しくするよりそっちの方に力を入れていて、その辺もちょっと不満だった。

それに僕はここ2年間くらいランニングに精を出していて、ジム通いはめっきり少なくなっていた。

ジムに行かなくてもランニングと1年以上続けている炭水化物制限(マイルドな)で前よりスリムになったし、体調も悪くない。

が、年取って痩せるのは少し貧相かなあと思い、また単調なランニングだけだと飽きもするのでジムで刺激を受けるのもいいかと、改めてスポーツジムに入ることにした。

スポーツクラブをいくつか検討し、オフィスの近くにあるゴールドジム原宿に入ることにした。(原宿のほかあっちこっちにあり、全国どこでも使える)

アメリカ発のゴールドジムは本格的にトレーニングに勤しむマッチョ系の人が多いイメージだが、見学に行くと大半は普通のフィットネス好きの若者から中高年までの人達だった。(腕相撲したら負けそうな女性ビルダーもいたが)

早速入会して、表参道を見下ろすランニングマシーンで汗を流した後、久しぶりにダンベルなどを使った筋トレをした。

翌日は久しぶりの筋肉痛、お〜 こんな感じこんな感じ・・

夏には分厚い胸板でTシャツか! 

な訳ないだろ(笑)ま、しばらくは筋トレ本を楽しめそうだ。