読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

侵食される時間 ・・わたしをさがさないで

パソコンやネットのおかげでいろんな手間が省けるようになった。例えばアマゾンでのショッピングなどなど・・

仕事でもパソコン➕ネットで済むことが多く、感覚的にはぼくが就職した30数年前の半分くらいの手間になったんじゃないかと思う。ただ効率化された割には生産性が大きく向上したとゆう話は聞かないので、余った時間でネットサーフィンなど無駄なことをしているか、しなくてもいい余計なことをしているかもしくは、何もしてないんだろうかと思う。

ぼくは怠け者の方なので、それはそれでそれで構わないんだけど・・

ただそのせいで、深夜でも休みの日でもネット経由で連絡が入る。発信する側は自分の都合で用件を発信する。電話と違って相手が出なくても用件を届けられるから。

発信する側は、相手が内容を確認できるタイミングで確認してくれれば良いと思っているのかもしれないが、休みの日はあえて断ネットでもしない限り、受信したものは確認するのが普通だろう。

つまり365日24時間どこにいても、携帯電話などのネットデバイスを持っている限り様々な連絡が入り、それを確認する時間とその対応を考えざる得ない時間を要するわけだ(すぐに返信したり対応行為をしなくても)

確かに便利だけど、自分の時間が切り刻まれ、侵食されている感じだ。

電車の中で多くの人が車窓の風景など見ずに携帯とにらめっこするのはもうすっかり日常の風景になった。

ぼくはもう人生後半戦なので、自分の時間を大切にしたい。

昔見た映画「スモーク」の主人公が毎日同じ場所から街頭の景色を撮るような自分だけのプレシャスタイムが大事だと思う。

そんな素敵なルーティンはまだもってないので、とりあえずぼくはベランダでただ外を眺める時間を増やそうと思う。もちろん携帯は切って、ぼくの時間はぼくのものだ。