読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

人生を素敵に踏みはずさないか?

これはアウトドア・ライターにして愛用のギターを手にブルースマンになりたがっているとのたまう堀田貴之氏の言葉だ。

 

20代の頃この言葉を堀田氏の著書で目にして、漠然と惹かれていた。

特に「踏みはずす」ってとこが気に入っていた。

その後しばらく堀田氏のこともこの言葉も忘れて過ごしてきたが、はからずもぼくはかなり踏みはずして生きてきたように思う。

 

最近になって堀田氏の未読のエッセイでこの言葉に再びふれた。

そしてその真意は「素敵に」の方にあることに遅ればせながら気づいた。

つまり、「素敵に生きようとすると踏みはずすこともある」とゆうことじゃないか!

踏み外せばいいってもんじゃない・・

 

f:id:takegami1717:20160806074703j:plain

 

これからは「素敵に」を重視して過ごしていきたいと思う。

気づくまでかなり回り道をしてしまったが、まあ遅すぎることもないだろう。