読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

小屋への憧憬

たま〜に無性に気になって、どうしてもそこに行きたいとか、手に入れたいとか言うものがある。

いま、その行きたくて欲しいものが「山麓の小屋」だ。

別荘なんて上等なものでなく、山で言えば避難小屋みたいな、子供の秘密基地みたいなものだ。

電気も水道も来てなくてもいい。雑木林の中とかがいい、でも空が広がってないとダメだ。夜、輝く星が見えないと嫌だ。(そこで焚き火をする)

ここ数年、何度か八ヶ岳方面に行くことがあり、そう気持ちにたどり着いてしまった。

標高が1,500メートル(軽井沢で900メートル前後)くらいあって、湿度が低いところがいい。

具体的に言うと八ヶ岳の登山口が近い原村とかが理想的。

ネットで小屋を検索してみると結構出てくる。海外も含め静かな小屋ブームのようだ。

特に海外はセルフビルドも多い、いいなあそれにも憧れる。

屋根はどうしようか、水は雨水タンクを利用するか、断熱はどの程度やるのか、留守が多い小屋で大事な換気はどの方式が優れているのか、トイレはコンポストか浄化槽か・・考え出すときりがない。

土地は借りてもいいがある程度お金も必要だし、セルフビルドなら手間も必要なので、仲間を集ってみるのはどうだろうか・・

小屋作りなんてサイコーの遊びだと思うのだが。誰か乗らないか?