読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

それは禁句でしょ

街のそこここに春の息吹を感じる3月の昼、ランチでいつもの店に。

少量生産の選りすぐりの日本茶の飲める店だ。

週替わりランチの親子丼、これははずれのないメニューだ。

サービスで大棟(おうれん)と言うめずらしい品種のお茶を一杯だしてくれた。

茶畑のテッペンのほうだけで採れる品種だそうだ。

渋みもあるのだけどさわやかで、かつ少し甘みも苦味もある。

若干だけどハーブ系の薫りもした。

これまで味わったことのないものだったが気に入った。

冷茶にして刺身にも合いそうなお茶だ。

僕は、そうゆう時は素直に「これうまいね」と言う。

すると店主いわく「これは複雑な味で、〇〇さんみたいな上級者向きのお茶なんです」

ああ、それ言っちゃおしまいよ・・ 結構良い値段だったけど一袋購入しました。

まあおいしいならいいけどね。

さくら待つ 大棟うまし ランチかな