読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

神宮外苑あたりの晩秋

11月23日勤労感謝の日は、毎年秩父宮ラグビー場早慶戦が行われ僕も楽しみにしている。今年は日本代表のワールドカップでの躍進もあり観客もほぼ満員となり、いつも以上に盛況だった。

ちょうどこの時期に、競技場の隣に位置する絵画館通りのイチョウが紅葉の見頃を迎える。(例年「イチョウ祭り」が開催されている)

試合が終わり夕暮れの少し前に通りに出て、黄金色に染まったイチョウを目にするのも季節感がありなかなかいいものだ。

ただ今年はイチョウの色づきが遅れているようで、しかも葉っぱもいつもより少なく見えイマイチだった。こんな年もあるんだな。

ここから1キロくらい離れた表参道では500メートルほど続く欅並木の葉がたくさん落葉していた。まるで12月に入ると始まるイルミネーションのために準備するように・・

今日(11月25日)は冷たい雨が降り木々を濡らし、アスファルトの上で茶色や赤い落ち葉が光っている。

原宿の交差点にあるラフォーレ原宿には早くもツリーが飾られ、夕刻になると原宿の街と道行く人たちを照らしている。

早慶戦が終わり一気に晩秋そしてクリスマス、年末の匂いがしてきた。