読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

隣人を憐れむ

日曜日の今日、近所の蕎麦屋「うた」に行った。

ご夫婦と2歳になる冨希子ちゃんでやってる店だ。

残念ながら可愛い盛りの看板娘はお昼寝中だった。

 

ぼくはいつものように鳥レバーの生姜煮とお新香を頼んで、ビールから日本酒と飲み進めていた。

と、この店で初めてみかける中年の男女一組が入ってきた。

男の方は紺色のTシャツに作業ズボン、濃い色の眼鏡をかけかなり日焼けしていて、「アー暑い アー暑い」と連呼して席に着いた。

隣の席に着くなり「生ビールをください」と注文した。

ください」だ。なかなかちゃんとしてるじゃないか、やはり人は見かけで判断しちゃいかんなと思った。

すると連れの、ボーダー柄の長袖シャツとジーンズでショートヘアのおばさんが一言、

水!

ぼくはこんなガサツな女と一緒でなくてよかったと思うと同時に、連れの男に心から同情した。男がアテを注文すると何か小言をいわれていた。かわいそうに毎日辛い日々を送っているのだろう。

 

「うた」では以前劇団で舞台道具の仕事をしていた店主の趣味で60年代70年代のロックミュージックが流れていることが多いのだが、今日はロバート・ジョンソンの渋いブルースがかかっていた。

ぼくは急にローリングストーンズの「悪魔を憐れむうた」をリクエストしたくなった。

隣人に幸あれ、アーメン!