読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それも愛

性懲りもない日々をつらつらと

茶碗とモダンアート2

静嘉堂文庫美術館をあとにし蕎麦屋で軽く一杯やり、本日2軒目の美術館に向かった。 横浜美術館の最寄り駅みなとみらい駅で降り外に出ると、心なしか潮の香りがした。 横浜港にほど近いこの美術館は周囲の景観も開放的で、気分爽快になる。 午後の部は日本モ…

茶碗とモダンアート1

いつもの飲み屋じゃなく、美術館のハシゴをした。 午前中は世田谷にある静嘉堂文庫美術館、ユーミンの歌声が聞こえそうな二子玉川駅から東急バスで武蔵野丘陵の面影の残る岡本へ。 静嘉堂文庫美術館は三菱財閥の創始者の岩崎彌太郎・小彌太の親子2代のコレ…

筋トレにハマったら

トレーニングするよりマッサージを受ける人のほうが多くなってしまった都心の高級スポーツジムをやめ、ビルダーの聖地とも言われる「ゴールドジム」に入って1ヶ月がたった。 通っている人は様々だが、確かに筋トレにとりつかれたような人たちの割合も多い。…

JAZZタクシー

昨夜個人タクシーに乗る機会があり、数年前のことを思い出した。 夜の表参道で個人タクシーに乗り込むと、車中とは思えない素晴らしい音響で音楽が流れていた。曲は「ラプソディ・イン・ブルー」だったと思う。 思わず「いい音ですね〜」とタクシードライバ…

なんてたってキョン2

「小泉今日子」特集の雑誌を買った。 特別ファンではないが、最近の彼女はかなりいい感じだなと思っていた。 デビューの頃はフツーのアイドル路線に見えたけど、 そのうち髪を短くしてからは面白い企画商品(作りこんだもの)になった印象。 その後、七変化…

お久しぶりの筋肉痛

2月に更新時期が来た30年近く通ったスポーツジムをやめた。 入っていたジムはバブルの頃にできたいわゆる高級スポーツクラブで年会費などは割高だけどいつもすいてて、ゆっくり使うには良かった。 永く通っているといろんな人とも出会ったし、記憶に残る…

ビバ!北九州マラソン

ぼくの出身地で開催された「北九州マラソン」に参加した。 市制50周年を記念して3年前に開催されとても好評で、今年3回目の開催となったそうだ。 スタート前の来賓挨拶で、商工会議所のおエライさんが「3年続いたら100年続きます!」と全く根拠のな…

天才=早熟で多作、ああなるほど

ある本を読んでいて天才の定義として、「天才は早熟かつ多作が条件となる」とゆうのがあった。 例として16歳でデビューし多くの作品を残した漫画家の手塚治虫氏が挙げられていた。確かに彼は多い時は同時期に5本も6本も週刊誌に連載を抱えていた。ストー…

コーヒー豆の焙煎店オープン

近所にいい店ができるとうれしい。 昨年の暮、商店街に焙煎コーヒー豆のお店がオープンした。 気になっていたがこないだやっと店にいった。 この店は注文を受けてから焙煎する方式で、二人先客がおり「40分ほどお待ちいただきますが」と言われた。休日で本…

自由との戦い

なんて言うとかっこいいが、 今月で56歳になった今、それが僕のテーマのようだ。 若い頃からジユウみたいなものになんとなく憧れて、 清志郎の歌じゃないが「一番大事なものはそれは俺の自由〜」な気分で学生時代を過ごしたが、いつの間にか会社とかその他…

その時名将の考えていたこと

ラグビーのトップリーグの決勝は名勝負だった。 3連覇のかかる熟練のパナソニック対真っ向勝負の東芝の対決。 試合はシーソーゲームになり、リードされていた東芝がラストワンプレーで起死回生のトライをあげた。これで1点差、トライ後のコンバージョンキ…

明るい絶望

数日前に朝日新聞を読んでいて、ちょっと心にヒットする文言に出会った。 福島原発の事故の連載「プロメテウスの罠」にあった「明るい絶望」っていう福島のある農家の人の記事だった。福島の農産物は今では放射能の基準値はOKだが売れない現実がある。僕も何…

半径500メートル以内の幸せ

仕事関係の知り合いのスウェーデン人のO氏から、冬期休暇でタンザニアに旅行に行った話を聞いた。滞在10日間のうち3日はサファリでキャンプをしたとのこと。ただし風呂もトイレもある大名キャンプで、夜間にはハイエナなどを用心して護衛もついていたのだ…

成人式に思う

恒例の成人式が全国で行われ、これまた恒例で北九州市の成人のど派手な衣装の話題がTVで取り上げられていた。北九州市出身の僕としては、やはり恥ずかしいことだ。 また今年の正月に帰省した時に僕のいとこの子供が成人式で振袖を着ると聞いたが、その和服の…

新春ベジタブルマラソン

「森林公園」っていうわかりやすく魅力的なネーミングの公園に以前からいってみたかった。 その森林公園にマラソン大会に参加するために出かけた。東武東上線の池袋から急行で1時間ちょとの森林公園駅からバスに乗り継ぎ10分で森林公園についた。 森林公…

今年の抱負

新年なので今年の抱負を述べよう。(えっへん) 仕事のことはさておき、プライベートとしては・・・ まずは2月21日に予定している「北九州マラソン」かな。 フルマラソンは2年前の京都マラソン以来になる。目標は前回の記録3時間51分切りだけど、今の走…

リコーダーとクリスマス

リコーダーのレジェンドと言われてるミカラ・ペトリ氏のコンサート形式の公開録音に列席した。 リコーダーとゆうと学校で誰しも習った楽器だけど、さすがにレジェンドの演奏はリコーダーの概念を覆す素晴らしいものだった。 音色の素晴らしさに加え表現の多…

狸の応援

最近朝のジョギングを始めた。 朝食事前のランニングは効果的だとはきいていたど、朝から走ると午前中ちょっとけだるくなっちゃって、仕事のある日は無理かな〜と思っていた。 でも体をほぐす程度の軽いジョギングなら気分もスッキリしていい1日のスタート…

美容院で困ること

昔は男子として当然と床屋さんに通っていたが、いつからか美容院に行くようになってもうだいぶ経つ。はじめは女性客が多くやや気恥ずかしさも覚えたがすっかり慣れた。 美容室では髭剃りはできないが、特に困ることではない。(カミソリ上手な職人さんから自…

動物園は楽し

数年に一度思い出したように動物園に行く。 人はなぜ動物園に行くのか? それぞれ目的があるだろう、可愛い動物の姿に癒されたいとかね。 僕の場合は「驚くため」かな。姿・形・色、普段見慣れない動物たちを見ると、もの珍しくしく新鮮な驚きがある。 そう…

来年は何処へ行こう

明日からもう12月だ。 年末が近づくと来年のことを考えたりする。 来年は何処へ行こうか? 旅の計画はいつも楽しい。 フト考えて頭に浮かんだのは、 1、女川町 東北震災で大きな被害のあった町だが、復興がうまく進んでいる町らしい。世代間で方針がまと…

部活のノリで

来年2月に2度目のフルマラソンに出ようかと考えていたが、この秋は休日が雨だったり仕事がはいったりで、まとまった練習ができずレースもキャンセルが続いた。 たまに20キロほど走ってみてもなかなかペースが上がらず余裕もない。(年齢的なこともあるの…

夜の雨音

東京あたりに住んでいると人工的な音に囲まれていて、たまに自然の音を聞くとハッとしたり、思わず聞き入ったりする。 今日夜半に眼を覚ますと雨の音が聞こえてきた。 時計は見なかったが、午前三時あたりか。そんな時間帯のせいで走る車の音に遮られること…

神宮外苑あたりの晩秋

11月23日勤労感謝の日は、毎年秩父宮ラグビー場で早慶戦が行われ僕も楽しみにしている。今年は日本代表のワールドカップでの躍進もあり観客もほぼ満員となり、いつも以上に盛況だった。 ちょうどこの時期に、競技場の隣に位置する絵画館通りのイチョウが…

哀悼の意

フランスでのテロの衝撃が世界を駆け巡り、日本でも当然ビックニュースとなった。 FaceBookで顔をトリコロールに染め、哀悼の意を表する人が次々と現れ僕の友人知人も何人かいた。 このことについては既に賛否あり、ISを喜ばすことになると言う指摘などもあ…

ソウルをあとにする

ソウル観光3日目の晩御飯は、タッカンマリとゆう鶏の鍋料理にした。 鳥一羽を丸ごと鍋に入れネギやジャガイモ、ナツメグなどと煮たシンプルな料理だ。 4時過ぎに明洞の裏通りにある庶民的な店に入ると客もまだまばらだった。ひとりで一羽はいささか多いが、…

ソウル観光3日目

ソウルは三日目も晴天だった。(東京はその日雨だったようだ) 午前中まずは世界遺産・景徳宮に行った。 地下鉄の安国駅から歩いて5分の場所に緑豊かな広大な敷地に築約400年の優美な木造建築群の古宮が静かなたたずまいを見せていた。 二層のむくり屋根…

ソウル観光2日目

僕は旅行に行くとわりと朝早くから行動を始める。 2日目は午前8時前にはホテルを出て東大門に出かけた。地下鉄の駅から出ると巨大な宇宙ステーションのようなデザインセンターがあった。中庭には卵状のオブジェやLEDのお花畑があった、夜は綺麗なんだろう…

ソウル観光初日

3泊4日で久しぶりにソウルに出かけた。 羽田から2時間半で午前11時に金浦空港に着くと気温は4度だった。(東京より5度くらい低い) 事前に少し勉強した韓国語でリムジンバスの行き先を確認し(地名を言っただけだけど)、1時間弱で宿泊先のソウルの…

お月見ラン

昨日の日曜日、ハーフマラソンにエントリーしていたが、仕事の予定が入りキャンセルした。天気も良かったので残念だった。 それもあり今日は早く家に帰り夕暮れどきに走った。きれいな夕焼けだった。秋らしく少しさびしげな夕焼けだったけどしみじみしていい…

武道館で Sara Smile

江戸の名残を感じさせる「九段下」と言う名の駅から坂を少し登り、左に折れお堀を渡ると江戸城の田安門がある。門をくぐるとその先に「日本武道館」はある。 日本武道の発展のため東京五輪の年に作られ、現在でも柔道や剣道の大会が行われているが、どっちか…

無影のメッセージ

ラグビーW杯で日本が最終戦の米国に勝利し、かってない見事な成績(3勝1敗)で大会を終えた。 ノーサイド後日本人選手が涙する姿が印象的だった。(ベテランの選手の方が多かったように見えた)大きなことを成し遂げた達成感と、一つの物語が終わる寂しさ…

神社で祈ること

月に2、3度自宅か会社の近くの神社に行く。 どちらもこじんまりした神社だがどちらにも大きな木が数本繁っており、しばしたたずむだけでもなんだか気分がいい。 ところで神社ではみんな何がしか祈るのだろうが、どんなことを祈っているのだろう? 僕はせい…

自らを縛るもの

僕は今55歳。 振り返ってみると、定かではないが中学生くらいの時から自分にとって一番大事なことは「自由」だと考えていた。 幸いなことに僕らの世代は、高度成長期のあと日本が一番平穏で凪状態の時で自由を謳歌できた。(学生運動も終わりシラケ世代と…

スポーツは RE CREATION

ラグビーW杯でジャパンが南アフリカに勝って日本中がわいた。 いつも秩父宮ラグビー場で好試合を見ても観客が少なく寂しい思いをしているので、やっぱり国際的な舞台で勝たないといかんと改めて思った。(サッカーの「なでしこ」のように) この試合のビデオ…

路線バスにて

朝、通勤でJRの駅までバスに乗ることが多い。(歩くと20分くらい、だいたい帰りはぷらぷら歩く) 空いていれば座るのが運転手の後ろの席で、すわれるとちょっとうれしい。ちょっと高い席から運転手目線で外を眺めることができるから。 特に好きなのが反対…

事実は小説より・・

今年の直木賞を受賞した「流」を読んだ。 稀に見る選考委員満場一致での受賞作。 僕は候補作だった「若冲」を面白く読んだ。これをぶっちぎった作品とゆうので、期待大にして本屋に急いだ。 1週間ほどかけて読んだ感想はと言えば、ぶっちぎってるかどうかは…

ラグビーW杯が近づいた

ラグビーW杯イングランド大会がもうすぐ開幕する。 サッカーのように日本中で盛り上がっている状況ではなくファンとしてがさみしい思いもするが、個人的には相当盛り上がっていて毎日ワクワクしている。 それに現在の日本代表は過去最高のチームになったので…

「芸祭」訪問

上野に散策に行ったおりに東京芸大の「芸祭」(学園祭)に遭遇した。 こじんまりした上野キャンパスには芸大らしくちょっと趣向を凝らした出店が並んでいた。 ここの美術館やミュージアムショップにはたまにいくけど、キャンパスに入るのは久しぶりだった。 …

やっぱり戦争に負けてよかったと僕は思う

最近 face book を見ると結構安保問題の投稿が多い。 傾向としてはっきりしているのは年配者(50台後半以上)に改正(もしくは改悪)に反対意見が多く、40台以下の若い層に賛成が多いとゆうことだ。 若い世代の右傾化の原因はいくつか説はあるが、政治に…

透けて見えたオリンピックの価値

デザインのことは門外漢だけど、グラフィックデザイナーとゆう佐野氏がなにをしてきた人とゆうのは過去の仕事を見ればわかる。 おおむね商品広告のグラフィクデザインをやってきた人だ。 昔風に言えば広告屋のペンキ塗りってとこか。 それが悪いとゆうつもり…

壊すのはやすし

昨日ラグビーのテストマッチ(ナショナルチーム同士の公式戦)を観戦に行った。 JR千駄ヶ谷駅から甲殻類を連想させる外観の東京体育館の敷地内を抜けて、外苑西通りに出ると、国立競技場だった場所がフェンスに囲まれていて、敷地内ではブルトーザーなどの重…

中野 SUNモール

アーケード商店街の凋落は全国的傾向らしいが、中野サンモールは平日の夕方や休日には多くの買い物客で賑わっている。 アーケードは中野駅北口改札を出てすぐのところから始まり、200メートルちょっと先の中野ブロードウェイのビルの入り口まで続いている…

ゆるキャラと女子アナ

昨日は二度「それ違うんじゃない」って気がした。 ひとつは「ゆるキャラ」、どこかの自治体が表参道の街頭でご当地のゆるキャラを宣伝していた。 親しみやすくかわいいキャラクター(??ってのもあるけどね)を使って集客し、地域を代表するものをアピール…

今朝は涼しく夏も峠を越したかと思い、外へ出るとツクツクボウシの鳴くのを聞いた。 蝉は暑いさなかに声を限りに鳴く。(実際は羽をこするのだけど) もう少し涼しくなってから鳴いてもでいいんじゃないかと思っていたが、蝉はお熱いのがお好きなようで三十…

再会

ケータイが鳴った。 久しぶりに見る人の名を目にして、ほう と応答ボタンを押した。 かって仕事で取引のあった人からの5年ぶりの連絡で、先月アメリカ(サンディゴ)から日本に帰ってきたとのこと。 翌日その人の自宅があった表参道で待ち合わせて、青山通…

歌麿は紀信でアラーキー

「肉筆浮世絵の世界」の展覧会に行ってきた。 主に浮世絵版画で活躍した絵師たちの肉筆画を集めた企画だ。 版画にくらべ制約が少ないので、多様な表現がありとくに細密な描写が目を引いた。 浮世絵は大衆向けのものでたくさん作って売る必要があり、それが版…

東京湾大華火祭、バーン!

東京湾の花火大会(正式名称:東京湾大華火祭)に出かけた。 竹芝桟橋から納涼船で花火を楽しむ粋な企画に参加し、 出身高校の同窓生20数名とクルーズ船に乗り込んだ。 納涼船にノルウェー国旗に似たものが描かれていて、?と思い、後で調べると船会社の社…

捨てられない本「東京漂流」

ぼくは本を買う方だと思う。 ジャンルは問わず、小説からエッセイ、歴史関係・美術関係(初心者向け)etc. なので本棚はすぐ満員御礼になり、半年に一度くらいに数十冊を廃棄している。 その際、購入間もない本はさすがに捨てられず、数年前に購入しもういい…

世田谷から道玄坂までの土曜日

世田谷の馬事公苑に出かけた。 もう30年以上東京には住んでいるが、馬事公苑はお馬さんがいるとこだろうなぐらいに思っていたが、行ったことはなかった。 「世田谷区民祭り」とゆう催し物に友人(同級生)が参加すると聞き、ほんじゃま一回いってみるかと…